忙しいあなたの代わりに、史上最強の「良い本・良い暮らし」のご提案

1冊の本に出会うことで、人生が大きく変わることがあります。良い品物に出会ったことで幸せになれることもあります。とはいっても、多様な商品があふれる中で、より価値の高いものを選び出すのは大変です。そこでこのブログでは、忙しいあなたの代わりに、史上最強の「良い本・良いくらし」の提案をさせていただきます。

IT関係 / 分析

スポンサードリンク
 

初心者プログラマーを対象とした、「Python3」の入門書です。

プログラムを書いたことがある方も、Pythonを新しく学ぶなら、役に立つ1冊です。

入門書ですが、急がず、基本からきちんと説明した後に、より複雑な部分に進んでいます。

他にも、NoSQLデータベースや、メッセージングライブラリなど、

データベースやネットワーク処理、並行プログラミングなども取り上げていて、

実践的な入門書とも言えます。

入門から実践的な内容まで幅広く含まれていて、これから学ぶ人だけでなく、

自分でなにか作ってみたい人に最適の1冊です。

入門 Python 3
Bill Lubanovic
オライリージャパン
2015-12-01


本書は、以下のような構成になっています。

1章 Pyの味
なぜPythonなの?Python2 vs Python3、インストール、Pythonの実行、など

2章 Pyの成分
数値、文字列、変数

3章 Pyの具
リスト、タプル、辞書、集合

4章 Pyの皮: コード構造
While, For, 内包表記、関数、ジェネレータ、デコレータ、名前空間とスコープ
エラー処理、独自例外の使い方、など

5章 Pyの化粧箱:
モジュール、パッケージ、プログラム
コマンドライン引数、モジュールとimport文、パッケージ、標準ライブラリ、など


6章 オブジェクトとクラス
オブジェクトとは?classの定義、継承、メソッドのオーバーライド・追加、プロパティ、など

7章 プロのようにデータを操る
文字列、バイナリデータ、など

8章 データの行き先
ファイル入出力、構造化されたテキスト・バイナリファイル、
リレーショナルデータベース、NoSQLデータベース、など


9章 ウェブを解きほぐす
ウェブクライアント・サーバー、ウェブサービスと自動化、など

10章 システム
ファイル、ディレクトリ、プログラムとプロセス、カレンダーとクロック、など

11章 並行処理とネットワーク

12章 パイソニスタになろう
パッケージのインストール、IDE(統合開発環境)、デバッグ、
エラーメッセージのロギング、コードの最適化、ソース管理、など


付録A Pyアート
2D・3Dグラフィックス、GUI、ゲーム、サウンドと音楽、など

付録B ビジネス現場のPy
ビジネスデータの処理、金融業界でのPython、地図、など

付録C 科学におけるPy
標準ライブラリでの数学と統計、Scientific Python、NumPy、SciPy、SciKit、
IPython、Pandas、Pythonと科学分野、など

付録D Python3のインストール
標準Python、Anacondaのインストール、pipとvirtualenvのインストールと使い方、
condaのインストールと使い方

付録E 復習課題の解答

付録F 早見表

と12章、付録A〜F、という構成になっています。


丁寧に説明されていて、初心者の方、Pythonをあたらしく習得したい方など、

基礎から実践まで、これ1冊で基本的に網羅できています。

入門 Python 3
Bill Lubanovic
オライリージャパン
2015-12-01


手元にあれば、末永く重宝する良書です

 Pythonに関する記事は、こちらもございます。
こちらもございます

Pythonを学習し、未経験からバイトや転職に結びつけたいあなたにおすすめの入門書はこちらです



Python でできることってなに?チャットボットやテキストマイニング、人工知能やスクレイピングなどPythonの使い方をまとめました

 

Python のフレームワーク・ライブラリ・ツール・開発環境などを活用し、Pythonで業務効率化をしたいあなたはこちらをどうぞ

 

 

『「Python」に関する記事を一覧はこちらです

 

スポンサードリンク
 
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

コメント

コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット

↑このページのトップヘ