忙しいあなたの代わりに、史上最強の「良い本・良い暮らし」のご提案

1冊の本に出会うことで、人生が大きく変わることがあります。良い品物に出会ったことで幸せになれることもあります。とはいっても、多様な商品があふれる中で、より価値の高いものを選び出すのは大変です。そこでこのブログでは、忙しいあなたの代わりに、史上最強の「良い本・良いくらし」の提案をさせていただきます。

IT関係 / 分析

スポンサードリンク
 

こんな疑問をもったことはありませんか?
  • 今さらリレーショナルモデル?
  • なぜリレーショナルモデルについて学ばなければいけないの?
その疑問の答えは、「SQLは難しい」からです。 

リレーショナルデータベースを使いこなすには、
「リレーショナルモデルについての理解」が不可欠です。

やみくもに設計したり、SQLをかいていませんか? 


 
本書は以下の構成になっています。

1章 SQLとリレーショナルモデル
そもそもSQLって? / リレーショナルモデル / SQLによる操作
SQLにありリレーショナルモデルにないもの 、など

2章 述語論理とリレーショナルモデル
述語論理とリレーショナルモデル / リレーションの演算と述語論理、など

3章 正規化理論1;関数従属性
なぜDB設計は重要か? / 正規化、正規形、など

4章 正規化理論2;結合従属性
結合従属性 / 結合従属性による正規化、など

5章 リレーションの直交性
リレーションの直交性と重複 / リレーション直交化のための戦略 
重複を解消するメリット、など

6章 ドメインの設計戦略
ドメイン / ドメイン設計戦略 / IDを設計するという考え方、
SQLによるドメインの表現、など

7章 NULLとの戦い
NULL / NULL対策、など 

8章 SELECTを攻略する
SELECT七変化 / リレーショナルではない操作、など

9章 履歴データとうまく付き合う
履歴データの問題点 / 履歴データに対する解決策 / 履歴データのアンチパターン、など

10章 グラフに立ち向かう
グラフの構造 / グラフの種類 / SQLとグラフの相性問題、ツリー、など

11章 インデックスの設計戦略
インデックスの働き・種類 / パーティショニング、
リレーショナルモデルとインデックス / 最適なインデックスを探せ、など

12章 Webアプリケーションのためのデータ構造
キャッシュという考え方 / キャッシュの実装方法 / スケールアウト、など

13章 リファクタリングの最適解
リファクタリングの種類・ベストプラクティス

14章 トランザクションの本質
トランザクションの特徴 / データモデルとの融合

となっています。
 
データベースはヒトが作った以上、完璧ではありません。

しかし、そのなか身を知っておくことで、
データの整合性を保つ点でも、
その対策をすることが可能になります。

優れたソフトウェアである、リレーショナルデータベースを使いこなすための1冊です
スポンサードリンク
 
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

コメント

コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット

トラックバック

↑このページのトップヘ