忙しいあなたの代わりに、史上最強の「良い本・良い暮らし」のご提案

1冊の本に出会うことで、人生が大きく変わることがあります。良い品物に出会ったことで幸せになれることもあります。とはいっても、多様な商品があふれる中で、より価値の高いものを選び出すのは大変です。そこでこのブログでは、忙しいあなたの代わりに、史上最強の「良い本・良いくらし」の提案をさせていただきます。

分析 / 学問

スポンサードリンク
 

最近とくに盛り上がっている「ベイズ」は、多くの書籍が発売されています。

 

ベイズ統計は、その応用ができることで、さらに役に立つ場面が増えてきます。



今回は、ベイズの雰囲気はつかんだ方、


本格的に学びたい方、


実践で使えるようになりたい方向けに、


わかりやすいものを紹介していきます!







1冊目はこちら【応用向けに全体像をサクッとつかみたい方に、おすすめの本です】

岩波データサイエンス Vol.1 [単行本(ソフトカバー)]







ベイズ超速習コースにはじまり、MCMC、階層ベイズ、時系列・空間データのモデリング、

Stan入門、時間・空間を含むベイズモデル、脳とディープニューラルネットワークといった

充実した内容を見渡せます。応用のイメージがつかめる本です








2冊目はこちら、【統計モデルをベイズ化することができるようになる書籍です】

データ解析のための統計モデリング入門――一般化線形モデル・階層ベイズモデル・MCMC (確率と情報の科学) [単行本]


ベイズに限らず、統計モデリングを俯瞰できる名著です

理解しやすい順序で、丁寧に説明されており、Rで試しながら学べます

一般化線形(混合)モデルのベイズ化として階層ベイズモデルが説明されています






3冊目はこちら、【初学者から実践者への橋渡しをしてくれる書籍です】

StanとRでベイズ統計モデリング (Wonderful R) [単行本]


ベイズ統計モデリングの手順を、基礎から丁寧に説明しています

階層ベイズモデルや状態空間モデルを手軽に記述できるStanとRStanを使い、

モデリングをより身近にしてくれる1冊です










 4冊目はこちら、【充実の例とともにベイズ統計を使えるようになりたい方におすすめの本です】

ベイジアン統計解析の実際 (医学統計学シリーズ) [単行本]








ベイズ統計の理論というよりも、実際に使えるようになりたい方向けの本です

ベイズ理論の基本から、マルコフ連鎖モンテカルロ法などを学び、

WinBUGSを使いながら、医学系のデータを例にして、実践力がつく教科書となっています







5冊目はこちら、【ベイズ統計を個別化サービスに活かしたい方におすすめの本です】

予測にいかす統計モデリングの基本―ベイズ統計入門から応用まで


ベイズ統計による予測のメリットは、個別化されたサービスの実現です

本書を参考にすることで、あなたの目の前の課題をベイズを使って解決できるかもしれません

ベイズモデリングの雰囲気をつかんだ方が、専門書を読めるようになるための橋渡しとなる1冊です










6冊目はこちら、【ベイズ則による「不確実さのモデリング」を学びたい方】

確率ロボティクス




ベイズ理論に基づいたロボティクスの名著です
現実の世界で活躍するロボットは、常に「不確実さ」との戦いです
確率ロボティクスでは、不確実さを確率論で吸収し、ベイズ則により状態を更新していきます
ロボティクスを通じて、不確実さを含んだ”現実”のモデリングを詳細に学べます
 
ベイズ理論を基礎にしたロボティクスを学ぶ方にも必須の1冊です










7冊目はこちら、【ベイズのファイナンスへの応用を、エクセルで学べる本です】

実践ベイズ統計学


ベイズ統計の使い方を、ファイナンス分野に特化して解説した本です
 

プログラミングしなくても、エクセルで学べるよう工夫されています


他書にあまりない、ベイズ型モデル平均も詳しく解説されています


確率分布や乱数発生法、数学公式などが充実していてリファレンスとしても使える1冊です









8冊目はこちら、【ベイズな機械学習の横綱的教科書です】

パターン認識と機械学習


機械学習といえば「PRML」といわれる名著です


副題  ”ベイズ理論による統計的予測” とあるように、ベイズ的な機械学習の教科書です


機械学習本は近年、雨後の筍のように出版されていますが、


充実の内容は今なお、手元に置いておく価値ありの1冊です










9冊目はこちら 【汎用的な分析方法を身につけ、応用的な確率分布を使いたいあなたにおすすめの本です】

実践 ベイズモデリング


ベイズに基づいた豊富なモデリング例が学べます。


PRMLが理論寄りな本だとすると、こちらはより実践的な1冊です。
 

心理学の例が多いですが、手法は汎用的で、あなたのデータにも適用可能なはずです。


詳しくはこちらの記事をどうぞ↓

「ベイズ統計」で、汎用性ある「モデリング」技法を使い、結果を「見やすく表現」したいあなた、こちらはいかがでしょうか【実践ベイズモデリング】









今回は以上9冊を本格的に学びたい方や、


実践で使えるようになりたい方向けに、
紹介させていただきました
 





ベイズ関連の記事は、こちらもどうぞ


ベイズ統計は初学者だしよく分からないんだよね〜って方は、こちらをどうぞ
その他に「ディープラーニング」「線形代数」「統計学」に関するこちらの記事もございます




スポンサードリンク
 
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

コメント

コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット

↑このページのトップヘ