忙しいあなたの代わりに、史上最強の「良い本・良い暮らし」のご提案

1冊の本に出会うことで、人生が大きく変わることがあります。良い品物に出会ったことで幸せになれることもあります。とはいっても、多様な商品があふれる中で、より価値の高いものを選び出すのは大変です。そこでこのブログでは、忙しいあなたの代わりに、史上最強の「良い本・良いくらし」の提案をさせていただきます。

ビジネス

”クラウド”って言葉をご存知でしょうか?クラウドは、モノとしては、私達がふだん使っているものより、「性能のいいコンピュータ(群)」のことです。スマホやノートパソコンなど、相対的に性能の劣るコンピュータではできないことも、ネットワーク経由で、「高性能なクラ
『クラウドネイティブなアーキテクチャを、Amazon Web Servicesで作ってみたい方、全体像がサクッとつかめる、こちらはいかがでしょうか』の画像

インダストリー4.0ってなんでしょうか?第4次産業革命といわれ、いわゆる製造業においての、「カイゼン」のツールで、工場の自動化やロボット化などによる生産性の向上を指しています。具体的には、工場にインターネットを導入することで、機械や設備、工場の状態などを点検
『インダストリー4.0の本質、「IoT(Internet Of Things)との関係」について、ドイツの事例を豊富に理解し、日本のこれからにつなげていきたい方、こちらはいかがでしょうか』の画像

「いまクールなあなたがより、さらにクールになれる」マーケティング・コンサルタントが使いそうな一言です。たとえば、高級店が立ち並ぶストリートには、買い物客だけがくる訳ではありません。そのストリートで記念写真や動画を撮り、SNSなどで発信するのです。なぜ買い物も
『私たちはどのようなメカニズムで「消費」をするのか?脳スキャンから明らかになった 「無意識の脳」による「消費行動の原理」を理解したい方、こちらはいかがでしょうか』の画像

広告は、わたしたちの身の回りのいたるところに存在します。私たちは、毎日、広告による説得目的のコピーや写真、映像など、さまざまなビジュアルメッセージにさらされています。「あの広告をみたから買おう!」「あのアイドルが使ってるのと同じのが欲しい!」と、「意識的
『ヒトはどのように、考え・決断し・行動するのか、広告の「無意識への影響力」を学んで、仕事に活かしたい方、33項目でスッキリ理解できる1冊は、こちらです』の画像

スピードが、「質」も「やる気」も連れてくるマッキンゼー出身の著者が提案する、「メモ書き」の活用法。2013年出版の「ゼロ秒思考」は、7万部を超えるベストセラーとなりました。ゼロ秒思考 頭がよくなる世界一シンプルなトレーニング [単行本(ソフトカバー)]赤羽 雄二ダ
『いかに速やかに仕事を進めるか、いかに早く仕事を着手し早く終わらせるか、にお悩みの方、誰もが遭遇したことある場面で、「すぐに実行できるノウハウ」の数々は、こちらにあります』の画像

最近、テレビや新聞などで、「IoT」というキーワードをよく見かけませんか?「IoT」とは、Internet of Things の略で、「モノのインターネット」と訳されたりします。モノのインターネット?って、なんだか分かりにくいですよね〜わたしたちがインターネットを使うときは、
『「モノのインターネット:IoT」で、私達の暮らしがどう変わるのか?どんなビジネスチャンスがあるのか?2時間でサクッと理解でき、色々なアイデアが出てくる1冊はこちらです』の画像

ブランドとは見えない資産・サービスへの信頼であるかけ出しの起業家にとって、新規開拓できる営業能力お問い合わせが多数くるホームページ幅広い人脈と信頼お客様を信頼させる話術潤沢な資金や優秀な従業員これらをすべて持っている方は、ほぼいないと思います。こういった
『「ブランド化」することで、活路を見出した著者による、「ブランド力」をつけるための考え方や方法論、デザインやマーケティングの重要性が、サクッとスンナリわかる1冊はこちらです』の画像

広告メディアの中でも最も到達力のあるテレビCMが転機にある若年層では、テレビを観ない日が増えている現状があります。たとえば、1日のうち全くテレビをみないのは、20代女性で、46.3%という結果もあります。一方で、高齢者は視聴時間が長く、テレビCMは相対的に有効だと
『無意識にアプローチする、ニューロマーケティング、共感を呼ぶ動画、スマホ時代のメディアプランニング、などのワードにピンときた方、こちらはいかがでしょうか』の画像

明日は晴れるから、明日の仕込みは多めにしておこう政府が進めているあの経済政策が続けば、この株は確実に上がるだろう初めての交渉相手との交渉で、そのアクシデントは、「想定内」だわたしたちは、日々、未来を予測することで、より多くの成果をあげています。そして予測
『ヒトが苦手とする「不確実さ」について、人間の思考の限界を知り、その対処法を学べる5冊はこちらです』の画像

カール・ユングは指摘しました。人間には、意識が気づかないような出来事を吸収している部分がある、と。そして「意識の閾下(いきか)=サブリミナル」と呼ばれるものの存在を説明しました。このサブリミナルは、当時、行動の観察や脳に障害をもった人の研究、動物の脳へ電
『「無意識」をキーワードに、現代脳科学の知見を学べ、興味深い話題を通じて、生きるうえでのヒントも得られる1冊はこちらからどうぞ』の画像

↑このページのトップヘ