忙しいあなたの代わりに、史上最強の「良い本・良い暮らし」のご提案

1冊の本に出会うことで、人生が大きく変わることがあります。良い品物に出会ったことで幸せになれることもあります。とはいっても、多様な商品があふれる中で、より価値の高いものを選び出すのは大変です。そこでこのブログでは、忙しいあなたの代わりに、史上最強の「良い本・良いくらし」の提案をさせていただきます。

学問

現代は、コンピュータシステムやネットワーク技術の発展が相まって、膨大なデータを容易に収集できるようになっています。このビッグデータと、統計学的手法や機械学習を組み合わせると、これまで得られたなかった知見が得られる可能性があります。こういった手法では、 得ら
『「モデリング」したんだけど、「どう評価」したらいいの?モデル評価のための「情報量規準」をしっかり学べる1冊はこちらです』の画像

みなさんは、数学を身近に感じることはありますか?「数学」と言ったときに、よく使われる分類には、「純粋数学」「応用数学」(「科学技術への応用」)といったものがあります。 この分類の軸は、”私たちの日常への近さ” のように思います。数学を俯瞰したときに、1つの
『「統計的モデリング」や「データの情報通信」について、サクッと俯瞰して、多数の文献ガイドで専門書への足がかりを得たい方、こちらはいかがでしょうか』の画像

「高校数学」と「大学数学」は違う!よく言われることですが、具体的にはどうすればいいのか?それに答えてくれる1冊を紹介します。大学で数学を専門に学ぼうとする、新入生向けに書かれた本ですが、事前に知っておくことで、数学をじっくり、かつ、スピーディに学べるよう
『大阪大学での講義から生まれた「大学数学」の学び方、学ぶ道具の使い方、用語の理解など、のちの「数学の勉強を加速」させたい方、こちらはいかがでしょうか』の画像

「線形計算」は、行列に関しての数値計算のことです。線形計算は、ざっくりと、連立1次方程式固有値問題の2つに分けられます。 本書では、最初に行列についての基礎的な内容など、たとえば、疎行列、帯行列、条件数、丸め誤差などが最初に説明されています。続いて、「連立
『行列数値計算「連立1次方程式」や「固有値問題」の全体像がわかり、理論の考え方の道筋が理解できる、「線形計算」を本格的に学びたい方、こちらはいかがでしょうか』の画像

線形代数の問題に帰着できれば、ほとんどの数学の問題は解くことができる(だろう)。そのためには、線形代数の十分な知識が必要となる。線形代数には、大学に入りたてで習う線形代数に加えて、(分野によると思いますが)高学年で学ぶことになる、数理科学分野で使うような
『ニューヨーク大学大学院の講義から生まれた、「数理科学」分野での「線形代数」の活用を目的とした、内容豊富な、様々な視点から学べる1冊はこちらです』の画像

「場の量子論」についての教科書や解説書は、素粒子論の研究者が書いたものが多いです。その「場の量子論」では、「相対論的場の理論」と同一視されて扱われます。相対論的場の理論では、その完全さや自然さ、また、たとえば、量子電磁気学の成功とともに発展してきました。
『「場の量子論」と「多体物理」の本質を同一視して捉えることで、 素粒子分野から凝縮系物理まで、幅広く理解し、物理学の全体像を、新しい見地から見直せる1冊はこちらです』の画像

「高校数学」と「大学数学」の違いは、どんなとこにあるんでしょうか? 大学での数学は、高校で学ぶ数学とは大きく違います。高校数学では、受験の関係で、問題を解くことに重点が置かれる傾向があります。こういった場合にはこういう解法があり、うまく定理や公式を使うこ
『「大学数学」ってどんなもの?どんな分野があって、どう勉強したらいいのか理解したい方、こちらはいかがでしょうか』の画像

「ベイズ統計」は、現代の統計学の1分野で、産業界への応用範囲も広く、近年特に注目されています。ベイズ統計には、ベイズの定理に基づいた統計的手法条件付き確率分布による統計モデリングの2つが含まれていると考えると分かりやすいかもしれません。 近年注目されるよう
『【ベイズ法の基礎と応用】東工大の講義から生まれた、階層ベイズ、ベイジアン・ネットワーク、隠れマルコフモデルなどの理論が学べ、MCMC法も身につけれる1冊はこちらです【目次あり】』の画像

↑このページのトップヘ