忙しいあなたの代わりに、史上最強の「良い本・良い暮らし」のご提案

1冊の本に出会うことで、人生が大きく変わることがあります。良い品物に出会ったことで幸せになれることもあります。とはいっても、多様な商品があふれる中で、より価値の高いものを選び出すのは大変です。そこでこのブログでは、忙しいあなたの代わりに、史上最強の「良い本・良いくらし」の提案をさせていただきます。

学問

わたしたちが、これまで抱いてきた、人間に関する見解社会はどう動くかなどについて、実はそれらが間違っていることがわかってきました。たとえば、 「最良のアイデアを持っている人は、最も賢い人だ」というものは、間違いであり、正しくは、 「最良のアイデアを持ってい
『人の行動に関する「些細なデータ」を、スマートフォンなどで大量に集めて解析する「人間・社会活動の定量化;社会物理学」について、気になった方、こちらはいかがでしょうか』の画像

理工系の学生さんや、エンジニアの方にとって、「数学」は欠かすことができない道具です。急激に進展する技術革新の中で、新しい技術の根幹には数学があり、技術を理解し・進歩させていくためには、数学力は重要な要素となっています。本書では、「線形代数」でつまずきやす
『「線形代数」でつまずきやすい「難所」について、 とくに丁寧に解説し、手を動かしながら学びたい方、こちらはいかがでしょうか』の画像

おもにエンジニアの方や、工学部 機械系 の学生さんにとって、生物学・脳科学の習得は、学術や産業の観点からも重要となっています。バイオ・メディカルエンジニアリングなどの融合分野は、近年とくに盛り上がっています。しかし一方で、エンジニアの方や工学部 機械系 の学
『「生物・脳科学」分野を、一般書より詳しく専門書よりわかりやすくした、とくに「エンジニア」の方・「機械系学生さん」に理解しやすい1冊はこちらです』の画像

「数」は、わたしたちの暮らしを支配しています。硬貨・お札、通帳、コンピュータの画面、 あらゆる身の回りに「数」が存在しています。このように、「数」は、私たちが社会を築いて発展する過程で現れた「文化としての発明」と考えることができます。しかし一方で、私たちの
『動物・赤ちゃん・脳損傷患者・数の達人の「数覚」の違いはどこにあるのか?「数と脳の関係」の研究成果がまとめられた1冊はこちらです』の画像

「グラフ理論」は、言語学、通信工学、電気・電子工学、計算機科学、経営工学、化学、遺伝学、など、様々な分野で重要な概念です。本書では、グラフ理論の具体的なアルゴリズムや、実世界への応用を載せる代わりに、(純粋)数学の一部として、記述されています。グラフ理論
『「グラフ理論」の数学的理論を、本質に絞って、十分詳しく学びたい、グラフ理論の基礎を学んだ方、こちらはいかがでしょうか』の画像

「実数x」を変数とする関数の解析を考えるのが、微分積分の第一歩でした。変数の範囲を、実数から複素数に広げたものを「複素関数」と呼び、複素関数の微分積分論は、「複素関数論」と呼ばれます。 単に複素数に拡張しただけでは?と思われるかもしれませんが、複素数に拡張
『「実数の微積分」の基礎が分かる方、「複素数」に拡張して、実際の具体的問題の解決に役立てるには、こちらはいかがでしょうか』の画像

「微分積分」は、大学の理工系で必須の科目です。学生さんの中には、なぜ微分積分が必要なのか?と思う方もいるかもしれませんが、微分積分は、 現代科学の基礎の基礎で、これがないと、なにも分からないことになります。物理・科学・工学・生物学・社会科学など様々な分野で
『学生さんはもちろん、 社会人の方も、「微分積分」を基礎から学ぶのに最適な1冊はこちらからどうぞ』の画像

コンピュータは数学者になれるのか?この問いに答えるには、19世紀からの数学基礎論と、20世紀のコンピュータ科学の2つの理解が役に立ちます。これらそれぞれ「ゲーテルの不完全生定理」と「P対NP問題」と呼ばれる問題になります。この2つの関係を物語として気軽に読める1冊をご紹介します。
『【コンピュータは数学者になれるのか?】「ゲーテルの不完全性定理とP対NP問題」にまつわる「数学基礎論とコンピュータ科学」の過去から未来への物語はこちらです【目次あり】』の画像

「ルベク積分」とは、一体どんなものか?ルベク積分は、なぜ必要になったか?従来のリーマン積分では、どこに問題があったのか?これらに答えながら、ルベク積分について理解し、微分法と積分法の関係について、深く理解できる1冊です。ルベグ積分入門 (ちくま学芸文庫) [文
『確率論や、関数解析で、必須の道具である「ルベク積分」を、基礎から学びたい、初心者の方、こちらはいかがでしょうか』の画像

「知性」は、誰にでもある普遍のものです。わたしたちは普段、学校や職場など日常の中で、考えたり、判断したり、学んだり、表現をしながら、生活をしています。これらすべてに、知性が関係しています。また、人とのやりとりでも影響を与えています。それらは人々の中で共有
『「知性」とはいったい何なのか?認知科学により明らかになった答えはこちらからどうぞ』の画像

↑このページのトップヘ